CONTENTS

主な仕事内容

回復期リハビリテーション病棟とは、患者様が急性期の状態を脱し、社会復帰を目指すための病棟のことです。 回復期リハビリテーション病棟にいる患者様の主な疾患としては、3つの分類に分けられます。
1つ目は脳血管疾患や脊髄損傷、くも膜下、脳腫瘍、急性脳症など高次機能障害を伴った重症脳血管障害です。
2つ目は大腿骨折や骨盤骨折、多発骨折などの整形外科分野です。
3つ目は入院期間が長期化したことなどによる廃用症候群です。

回復期リハビリテーション病棟では、患者様のADL(日常生活動作)やQOL(生活の質・満足度)を高めるための訓練へのサポート、 入院生活全般のケアを行います。そのため、患者様がより良い環境下で訓練が受けられることを目標として、 患者様の全身機能の観察・評価を行い、担当医、各訓練科(理学療法士・作業療法士・言語療法士)、MSW(医療ソーシャルワーカー)、 CW(ケースワーカー)と連携しながら、実際のケアを行います。チーム医療として、患者様やそのご家族の方へ実際のアプローチが必要となります。

ここでの看護師の役割とは長期リハビリテーションを受けている患者様の意欲を高め、患者様に寄り添い、サポートする家族の疲労を理解した上で、 患者様と家族の幸せで健康な生活を送れるような援助をすることです。

患者様と家族の長期目標及び短期目標を看護師が確認および設定することで、他分野のスタッフと連携し、目標達成につなげていくのです。 そのためには患者様および家族が退院後どのような生活水準を望むのか、社会復帰をどの程度目指すのか等、現状の状態を看護師がいち早く理解したうえで、 患者様及び家族に退院後の生活にイメージを持ってもらうことが重要です。そして、他分野と連携し、在宅での療養環境を整えることも重要な役割です。 患者様と家族の社会復帰を目指した援助が求められているのです。