CONTENTS

標準的な待遇(給料)

回復期リハビリテーション病棟での主な待遇は、業務として平日リハビリテーションが中心となるため、 土日に検査や処置が少ないことから土日出勤日数が少ないこと、夜勤出勤日数が少ないこと、患者様の状態変化が少ないため、 計画性を持って勤務調整ができることなどが特徴です。

他分野との連携が多く、緊急の処置が少ないことや、前もってリハビリテーションなどの予定が組まれているため予定外の検査・処置が少なく、 残業が少ないのも特徴です。そのため、他分野の病棟よりも土日の休みが多く、有給消化率が高く、残業が少ないといった待遇がなされます。 プライベートを充実させたい方や子供が小さく育児と仕事を両立させたい方、スキルアップや資格取得に時間を費やしたい方にはお勧めといえます。 例えば、准看護士が看護師資格を取得しながら学ぶことのできる職場として募集している病院もあり、資格取得やスキルアップに向いた職場といえます。

これまでの看護師の仕事のイメージとして、終了時間が曖昧で、送り迎えや習い事などがしにくいと考えられていましたが、回復期リハビリテーション病棟は、 仕事以外に事情のある方にも働きやすい職場です。また、患者様の自立度は低く、介護的な業務が多いため理学療法士やリハビリ専門医等の男手が多くあり、 数人で協力して業務を行うのも特徴です。

病院によっては薬の管理は薬剤師、事務処理はクラーク、リハビリテーションの送迎は助手、など各職種の役割が明確化されています。 また、人間関係が良好で、年間離職者が少ないのも特徴です。

給料の面では基本給は他分野と変わりありませんが、残業や夜勤が少ない分、残業手当や夜勤手当といった部分があまりつかない病院が多いです。 しかし、脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師の資格を持っている場合には、資格手当などの優遇があります。

患者さんとじっくり向き合いケアを行うことができるため、急性期が苦手、計画性を持って業務をしたいと言う方にお勧めです。